MEASUREMENT SERVICE

寸法測定サービス

TOP>寸法測定サービス>寸法測定講習(セミナー)

寸法測定サービス

寸法測定講習(セミナー)

これから測定業務に従事される方、または実務経験の浅い方に向けて、モノづくりに欠かせない寸法測定(計測)に関する講習を行っております。
長年の経験から得た、プラスチック成形品の「寸法測定のコツ」を解説いたします。
(内容はプロニクスの汎用的な測定方法であり、企業様ごとの仕様に則ったものではございません)

講習は随時行います。ご希望日の1カ月前までにお申し込みください。

● 1名様からお受けいたします(最大15名)
● 2講座以上からお申し込みください
● 1講座あたりの時間は一律60分(質疑応答含む)です

※講習内容は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。

講座一覧はこちら料金・お申し込みについて

講座一覧

~おすすめの講座組み合わせ~


  • 寸法測定をするために、まず基礎を知りたい

  • 少し寸法測定に慣れてきたころに知りたい知識、
    確認したい技術がある

  • より詳しい寸法測定の知識を得たい

A.測定者になるために図面を知る

これから測定業務に携わる方に

図面様式、投影図、寸法公差、補助記号など初歩の図面の読み方を知り、図面から設計者の意図を読み取れるようになります。

図面から得る情報(JIS様式)
線と矢印の種類と用途  /  寸法の種類、要求精度  /  
はめあいと表面粗さと幾何公差
見落としやすい情報・注意点
寸法測定とは  /  極座標と円弧形状  /  
寸法線はどこを指している?
B.測定者になるために成形を知る

これから測定業務に携わる方に

射出成形金型の開閉、抜き勾配など射出成形の流れを知り、測定前に必要な情報を整理して、測定計画を立てられるようになります。

射出成形の流れ
金型を使用するメリット  /   成形品の識別・管理  /  
金型分割線(PL)と樹脂の流れ  /   抜き勾配の必要性
寸法測定計画を立てる
外観不良・抜き勾配の方向を確認  /  
測定方法を一目でわかるように記録
C.形状の変化を数値化する

これから測定業務に携わる方に

図面だけではわからない成形品の測定ポイントを知り、形状が歪んでいても、最適な方法で測定ができるようになります。

抜き勾配の方向で測定方法を決める
外側と内側(穴)の違い  /   固定方法  /   側面から見る形状
形状から測定方法を決める
ソリを含まない測定  /   歪みを数値化  /   位置ズレ
D.測定誤差を最小限に抑える

少し測定に慣れてきた方に

測定で生じる誤差の原因と、それを最小限に抑える方法を知り、再現性ある確かな測定結果を得られるようになります。

安定した測定を検討する
測定前に情報を整理する  /   サイン誤差とコサイン誤差  /
誤差が生じやすい測定
測定機器の使い分け
測定機器の特徴(利点と欠点)  /   測定精度  /
過剰品質≠高品質
E.一般的な測定工具

少し測定に慣れてきた方に

測定工具の操作方法(一部のみ)、測定誤差が生じる原因を知り、穴、厚み、幅などの測定ができるようになります(実技含む)。

測定工具を使う前に
測定環境  /   アッベの原理
測定工具操作方法
種類と測定方法と注意点(ブロックゲージ、ピンゲージ、デジタルノギス0~200mm、マイクロメーター0~25mm)
F.社内での測定機器管理方法

測定経験2年以内の方に

正確で精度の良い測定結果を得るためにプロニクスが行っている、測定(計測)機器の管理方法を紹介します。
(対象測定機器:プロニクス設備)

校正と調整
高精度とは?  /   測定誤差が生じる原因  /   器差と校正
測定機器の管理
校正に有効期限はあるのか?  /  
校正点検の種類・頻度・手順  /  
温湿度管理と日常の手入れ
G.幾何公差って何?

少し測定に慣れてきた方に

普通寸法公差と幾何公差は何が違うのか? 
なぜ幾何公差が必要なのか? JIS B 0021を基に幾何公差の
概念と代表的な公差の測定方法を紹介します。

図面のグローバル化
設計者の意思の伝達  /   部品加工後のトラブル
幾何公差の特徴
幾何公差の種類  /   データムと公差域  /  
代表的な幾何公差の測定  /
(真直度、直角度、同軸度、円周振れ)
H.幾何公差指示の測定方法

測定経験2年以内の方に

幾何公差の測定方法は1つではありません。公差ごと、形状ごとに適した測定機器、方法を検討しなければなりません。
プロニクスでの測定方法を紹介します。

各々の幾何公差に適した測定
測定機器の選び方  /   混乱しやすい類似公差  /   プロニクスでの測定方法
最大実体公差方式
穴と軸の関係  /   適用後の許容範囲の計算例
(直角度と位置度)


測定講習料金・お申し込み

お申し込みは2講座以上から受け付けております。

一律2講座 ¥12,000、その後1講座増えるごとに ¥5,000追加

※講師派遣は、受講料金が¥50,000以上の場合からお受けいたします。
 講習料金に加え、講師の派遣費用(交通費など)も頂戴いたします。
 ただし、実技を含む講座は対応しておりません。

受講人数 1人当りの受講料
2人 5%OFF

2人で3講座を受講 ¥34,000
    5%OFF → ¥32,300

3人 15%OFF
4人 25%OFF

6人で2講座を受講 ¥72,000
   35%OFF → ¥46,800

5人以上 35%OFF
お申し込みについて

お問い合わせ・お申し込みは、右のお問い合わせフォーム「お問い合わせ先選択項目」の「測定講習」をご選択ください。
お申し込みの際には、「お問い合わせ内容」にご希望の講習・日時・場所・人数をご記入下さい。
弊社スケジュール確認後、ご返答いたします。

お支払いは、講習終了後に請求書をお送りいたしますので、指定の口座へお振り込みください。

※お申し込みは、ご希望日の1カ月前までにお願いいたします。